渋谷のクラブ・VISIONにて即!

友達に誘われて、SOUND MUSEUM VISIONという
道玄坂にあるクラブにナンパに行ってきました。

訪れたのは、土曜日深夜23時半過ぎ。

セキュリティーチェックとかは特になくて、
身分証だけ見せて入店。

セキュリティーの男性もおらず、
ここはほとんど音箱といった感じですね。

会員になっていたので3,000円から500円ディスカウントされ、
2,500円で入店できました。

これで、1チケット付き。

2,500円で1チケットと言うと、
まあ普通位でしょうか。

ただ、中に入ってドリンクを頼んでみたところ
明らかに量が少なかったので、その点は注意。

どうせなら、近くのコンビニ等でお酒を飲んでから
行った方が早く酔えるし、安く済ませられるのでいいと思います。

「よ~し、どんどんナンパや!」といった気持ちだったんですが、
俺自身久しぶりのナンパだったこともあり最初はぎこちなかったです。

友達といったりソロで声をかけたり、
5組くらいにはいったでしょうか。

時間も2時を過ぎていたかと思うんですが、
入店してから2時間は経過していたので
急がないとまずいと四苦八苦しながら、ターゲットを発見!

女性専用ルームで座っている女がいたので外から声掛け。

反応が悪くなかったのでそのまま出てきてもらって、
酒を奢ってしばしば談笑。

サバサバ女子27歳(パーティー会社勤務)だったんですが、
話してるとそこはやっぱ女だね~と感じました。

俺「結構、さっぱり系だね」
女「そうでもないよ~」

こんな感じで打ち解けてきたので、手を触ったり
腰に手を回したりしても嫌らがない。

と言うわけで、そのまま手をひっぱって、
正確に言うとつないでドリンクのお代わりへ。

女はなかなか一緒に踊りたがらなかったんですが、
ここもやや強引に手を引っ張るとついてきました。

踊って休憩した後、今度は一番暗い部屋へ。

女がそちらへ誘導しているのが丸わかりでしたね。

後は、キス、ディープキスの流れで、
女が変態だったためクラブ内で手マンをさせられました。

「どんだけ痴女やねん!」と思いますよね(笑)

何だこの女は・・・と半分引きましたが、
抱かれに来ている寂しがり屋の女もいるのでしょう。

そのまま連れ出して自宅へ行ってゲットしました。

VISIONの女レベルで言えば、
六本木のバニティや渋谷アトムと比べると下。

中の上くらいの女を狙いたいのであればオススメと言えます。

もちろん、銀是のディアナやジニアスと比べると
レベルは高いと付け加えておきましょう。
関連記事:

コメントを残す