東京湾納涼船ナンパにおける作戦

いよいよ、納涼船ナンパが明後日に迫りました。

ナンパ船と勝手に命名されているだけで、

ナンパ専用の船ではもちろんないんですが、

今からちょっと楽しみではありますね。

今回は、スパイダー藤森が考えている作戦を述べたいと思います。

ずばり大事なのは、どれだけ多くの女と話せるか、

どれだけ多くの女から番ゲできるか。

とは言っても・・・

busaiku

このレベルは華麗にスルーしますww

ええ、時間の無駄ってやつですよ。

なるべく早めに竹芝桟橋に着いて、船に乗る前から

ナンパを開始するのがいいと思ってます。

でも、やたらめったら声を掛けまくるよりも、

食いつきがいい女は特に、ある程度時間を掛けるのがよさそうですね。

5分くらいで番ゲして切り上げて、

はい次の女って感じでやり過ぎると・・・

「あっ、あいつナンパ師じゃん」

と、誰にでも声を掛けてることがバレてしまいます。

そうなると、繋がりにくくなってしまいますね、ハイ・・・。

だから、適当な和みも必要なわけです。

あとは、テンションだと思います。

テンション高くナンパすると、向こうも圧倒されます。

その勢いのまま番ゲです。

それでは、行ってきます。


⇒納涼船ナンパを知った経緯はこちら

関連記事:

コメントを残す