納涼船ナンパを考えています。

スパイダー藤森です。

納涼船ナンパに行こうと思います。

納涼船と言うと、夏の風物詩

noyrou

東京の夜景をバックに、

心地よい風を感じたい・・・

そこには、ロマンが溢れている。

納涼船

ナンパと言うロマンがww

え~、もちろんナンパしに行くわけです。

目的はそれしかありません、あり得ません!!

お祭りでも、花火大会でも、基本的に女しか
見ていない私ですから・・・

きっかけは、弟子のナンパ師マツオからの連絡。

黒電話

ジリリリン・・・ ジリリリリリリンリリン!!

マツオ「師匠、今から友達と納涼船ナンパに行ってきます」

藤森「何それ?」

マツオ「竹芝からこの時期毎日出稿してて、船内で飲み放題があるんで、
    浴衣姿の若い女がめっちゃくるんですよ~」

藤森「俺も、行くわ」

マツオ「あっ、もう締め切ってますよw」

藤森「・・・・・・・・・・」

そして、待つこと3時間後。

マツオから連絡が。

「師匠、異業種パーティーよりもライバル少なくて良かったですよ!
 
 6番ゲできました^^」




「このボケカス!◎×△★!!ワレなんで最初からオレ誘わへんかったんじゃい!!

セクロスの機会なくしてもうたやないかいww」

と、さすがに心の中で一喝しときました。

どうやら、ナンパ歴が1年に満たない彼でも

そこそこの実績を叩き出せるのが納涼船らしい。

ナンパしているライバルが少ないと言うのは美味しい。

藤森も近々参戦予定!

続報を待て。
関連記事:

コメントを残す