ナンパで無視された時のマインド

ナンパをやっていると、必ずあるのが無視。

無視に留まらず、時には睨まれたり、
「うざい」等と言われたりすることもあります。

それが、ナンパ。

こちらから勝手に声を掛ける以上、
これは仕方のないことだと思います。

いわば、インターホンを鳴らさずにドアを開けて、
「こんにちは~」と言っているようなものなので。

ここで提言したいのが、
小さいことにくよくよするな!
ということなんですね。

無視されたから、きつい反応をされたからと言って、
「マジか~」と凹んでいてはキリがありません。

確かに最初は、ショックを受けるでしょう。

ナンパ以外だと、話しかけて無視されるとかって普通ありませんし、
顔を一瞬チラッとだけ見てそのまま素通りされるなんてこともありません。

これをガンシカ(顔面だけみてシカト)と言うのですが・・・。

ただ、気にしていても仕方ないんですね。

「どうせ一生会わないんだから関係ないや」

と思うマインドが重要です。

それに、最初はナンパして無視されるとショックを受けると思いますが、
数をこなしていくとそういった感情は薄らいできます。

慣れって恐ろしいもんですね(笑)

1日に20人、30人と声を掛け続けていれば、
声を掛けること、断られることは普通になるんです。

まずは、断られることに慣れる、そこから始めてください。

【今回の学び】

「ナンパは無視されて当たり前」と考える。
関連記事:

コメントを残す