ナンパで地蔵を克服するには?

ナンパで地蔵になってしまう人、
きっと少なくないと思うんです。

まぁ、無理もありません。

なんせ街中で誰が見てるか分からない中、
見知らぬ人に声を掛ける行為ですから、ナンパは。

なかなか最初の一声が掛けられなかったり、
うまくいかなくて固まってしまうこともあるでしょう。

では、どうやったら克服できるのか?

コツを解説していきたいと思います。

①指名ナンパをする

これは、相方なりナンパ仲間が必要。

一人だとどうしてもなかなか声が掛けられない、
という時はナンパ仲間に指名してもらいましょう。

「次、あれ行ってみてください」等と言われたら
それに行かないといけないルールを作るんです。

この指名ナンパをやると、ほとんどの人が
声を掛けられるようになるくらいです。

②1分○人等のルールを作る

1分以内に絶対に最低1人声を掛ける、
というようなルールを決めます。

そして、あとはひたすらエンドレスに声を掛けるだけ。

これなら、地蔵の心配はありません。

③選り好みしない

あと大事なのが、選り好みをしないこと。

可愛い子だけを狙うのが悪いとは言いませんが、
それをやるとどうしても地蔵してしまいがち。

ナンパ初心者の頃は特に、手当たり次第に
声を掛けるようなイメージでいいです。

女性をナンパするということに慣れてください。

最初は誰しも地蔵してしまいやすいものですし、
プロのナンパ師のようなナンパ経験者でも、
数カ月ぶりのナンパとなると地蔵してしまいがちです。

でも一度殻を破ってしまえば、あとは人目も気にならなくなります。

そうなるとこっちのもの。

ナンパの利点である、数打ちまくれるという
メリットも最大限生かしていきましょう。

【今回の学び】

雨でもナンパはできるので諦めるな。
駅構内や地下街、アーケードは雨でもナンパができる。
関連記事:

コメントを残す