息を吸うようにナンパができる態勢を作ること

ナンパにはコツがあるのか?

強いて言えば、いつでも声が掛けられる態勢を作っておくのは

すごく大事なことなんじゃないかと思っています。

普通の人は、あの子いいなと思っても声が掛けられません。

でも、普段からナンパをしているナンパ師だと、ナンパモードで街へ出た時はもちろん、

そうじゃないタイミングでも自然と声を掛けられたりするんですね。

これってかなりのアドバンテージだと思います。

じゃあ、すべてのナンパ師が街中や店の中とかで

速攻ナンパができるかと言うと、そうじゃありません。

店の中だとなかなか勇気が湧かず、声を掛けるのに躊躇して5分くらい

掛かってしまったり、無駄に時間を要してしまうことは多いんです。

それを防ぐためにはどうすればいいかと言うと、

すぐに声を掛ける癖をつけておくことです。

「あの子いいな♪」と思ったらすぐにナンパするようにする。

具体的に、10秒以内とか20秒以内と決めておくといいです。


‟声を掛けないという選択肢はない”

と自分の中でマイルールを作っておくことです。

すると、まるで息をするようにナンパができるようになります。

挨拶をする時って、それが自然になってることってよくありますよね?

そんな感じでイメージをするといいでしょう。

髪型、服装をナンパ用にセットした状況と、

そうじゃない場合があると思います。

髪の毛はボサボサで、服装も決まっていない。


そんな状況でもすぐにナンパできる男こそ真のナンパ師、

スト師と言うことができるのではないでしょうか。

関連記事:

コメントを残す