最新情報

  • 婚活サイトで圧倒的に女受けのいいプロフィール写真とは?

    婚活サイトや出会い系サイトは写真が命 よく、出会い系サイトや婚活サイトで、 プロフィールとか自己紹介文が大事だと思ってる人いますよね。 それ、ハッキリ言って大間違いですよ? まず、男の場合ってサイトにもよるものの、 8割 […]

  • 挨拶機能
    ブライダルネットで鬼のように挨拶をしまくった結果・・・

    ブライダルネットの挨拶機能が熱い 私は常時5、6個の恋活・婚活サイトを併用しているんですが、 その中でも特に熱いと言えるのがブライダルネットなんです。 ペアーズやOmiainの場合は、気に入った女性に「いいね」をしてきま […]

  • ナンパで番ゲや即がしやすい女の特徴とは?

    こんな女性はナンパがうまくいきやすい ナンパをするにあたって、初心者にありがちな不安。 その1つが、誰をナンパしたらいいか分からない。 ターゲット女性の選別ができなうという点にあると思います。 では、どんな女性をナンパす […]

婚活サイトで圧倒的に女受けのいいプロフィール写真とは?

婚活サイトや出会い系サイトは写真が命

よく、出会い系サイトや婚活サイトで、
プロフィールとか自己紹介文が大事だと思ってる人いますよね。

それ、ハッキリ言って大間違いですよ?

まず、男の場合ってサイトにもよるものの、
8割、9割は写メを載せているんです。
そんな中でですよ?

写メのない人からメッセージやいいねがきたらどう思いますか?

「この人やる気ないな~」
「他の人は写真あるのになんでないんだろう」
「見た目がタイプかも分からないし面倒くさいな・・・」

こう思われる可能性が高いわけです。

特に、これは婚活サイトに限らずですが、
世の中アプローチするのは男からと相場が決まっています。

写メを載せている男性がほとんどなので、
最初の時点で淘汰されてしまう危険性があります。

では、どんな写真を載せればいいのか?

純粋な出会い目的でも、
ヤリ目にせよ写真はすごく重要なんです。

解説していきましょう。

女性受けのいい写真の特徴とは

婚活サイトや出会い系サイトには数多くの男性が登録していて、
写メも腐るほど掲載されているわけです。

その他大勢の中から選ばれるためには、工夫が必要。

●イケメン写メを載せる

これはまあ、誰もが思いつくレベルですし、
初歩的なポイントではあります。

自分の中で特に写りがいい!
そんな3割増くらいの写真を載せましょう。

イケメン写真を載せたら、実際会った時に
マイナスギャップになるんじゃないの?

と思われたかもしれません。

確かにそういうケースもなきにしもあらずだとは思いますが、
最初はとにかく相手のアンテナに引っかからないと話にならないわけです。

そのためのイケメン写真です。

と言ってもまるで別人、というほどのものではなく、
映りがいいくらいの写真に留めておくといいでしょう。

ちなみに、実際に出会い系や婚活サイトをやっていくと分かるんですが、
女の方も実際に会ってみると、8割は写メマジックです。

「あれ、写メの方が可愛かったな」と思うのがほとんどなんです。

たまに、実物も写メと同じとか、むしろ写メより可愛い
という女もいるものの、それは本当にレアケースと言えます。

つまり、女も多少は盛っているわけですね。

なのでそこは引け目なくいい写真を使っていきましょう。

●動物・赤ちゃんと写っている写真

これはもう、絶対的な受けの良さですね。

ただ、これは一工夫欲しいところではあるんです。

自分の飼っているペットと写っている写真、
これはいいんですが一工夫ほしい。

・とびきりの笑顔で一緒に映る
・犬を散歩しているところを撮る
・お手をしているところを一緒に撮る

などですね。

あとは動物の写真をアップにして撮影するなど。

なお、ペットを飼っていない場合は、
犬カフェとか猫カフェで撮影をするのもありです。

また、犬や猫の写真と一緒に写っている写真というのは、
たまにプロフィール写真として掲載している男性がいるんですね。

そこで、珍しい動物というのも手。

例えば、虎とかワニと一緒に映っていたり、
コアラと一緒に映っていたり。

「この写真どこで撮ったの?」というツッコミが
女性から思わずくるような写真がベストです。

私も実際、婚活サイトのプロフィール写真に
虎と一緒に写っている写真を掲載しています。

「これ、どこで撮れるんですか??」と、
女性からの質問がこれまで100人以上からありました。

ちなみに私はタイのタイガーテンプルという場所で、
虎と一緒に写真撮影をしました。

こういった場所を事前に調べておき、
旅行も兼ねて撮影をするのもいいでしょう。

●世界遺産など有名なスポットでの撮影



アンコールワットやマチュピチュなど、
誰もが知っている有名な場所で撮影をするのもいいです。

ウユニ塩湖とかも最近は人気ですね。

アンコールワットでも十分インパクトはありますが、
アマゾンとかサバンナとか、荒野とか、モアイ像とか、
さらにインパクトがある場所で私だったら撮るでしょうか。

「すごいですね」
「私も行ってみたいんです」

というようなリアクションが女性から寄せられること間違いなしです。

海外の写真がいくつかあると、旅行好きというだけでなく、
お金や時間に余裕のあるライフスタイルを送っている、
人生を楽しんでいるという人物像も浮かんでくるのでいいんです。

海外が理想ですが、海外に行く余裕がない場合は、
まずは国内でもいいと思っています。

竹田城、屋久杉、奄美大島、沖縄離島など、
撮影スポットは探せばいくらでもあります。

●友達と一緒に写っている写真

これも、定番ですね。

ただ、意外と婚活サイトって、
友達と一緒に写っている男性は少ないんです。

ここではできれば、3、4人以上で楽しそうに写っている
ものがあればベストですね。

肩を組んで映っている写真とかでもいいと思います。

リア充感を出せますし、友達と写っているだけで、
明るい感じの人柄を伝えることができます。

●面白写真を載せる

面白い写真を載せるのもいいですよ。

実際に私の場合は、どんな写真を載せたのか?

よく、公園とか駅前に銅像があるじゃないですか。

公園にある女性の銅像に対して
後ろから抱きついてみたり。

あるいは軽井沢で見つけたウルトラマンの像、
それに面と向かってメンチ切っている画像。

見た瞬間、思わず「プッ」と笑ってしまうような写真です。

ディズニーランドに行って、
自分の後ろにミッキーなどのディズニーキャラクターが写っている、
そこでの自撮りとかの写真もシュールでいいかと思います。

工夫次第でいくらでも面白写真は撮れますし、
差別化を図ることができますね。

写真を凝ることのメリット

とにかく大事なのは、差別化を図ること。

ライバル男性も、自分の中でイケている写真を載せているわけです。

イケメン写真を撮影して載せるのはもちろんありですが、
それだけだと戦略として弱いと思うんです。

なぜなら多くのライバルがやっているからです。

私のように、

・動物と戯れている写真
・海外でスカイダイビングをしている写真
・友達と一緒に映っている写真

こうした写真を1枚ではなく複数枚載せることで、
インパクトは絶大なものになります。

「この人他の人と違う!」
「この人と過ごしたら楽しそう」

という、印象になるでしょう。

プロフィールや自己紹介文も大事ですが、
まずは写真を見て判断される部分が多いんです。

ネットでの出会いというものはそういうものです。

自撮りのイケメン写真を撮る、
あるいはスタジオで撮影をする。

それだけが戦略ではないということ、
理解して実践して頂ければ嬉しいです。

ブライダルネットで鬼のように挨拶をしまくった結果・・・

挨拶機能

ブライダルネットの挨拶機能が熱い

私は常時5、6個の恋活・婚活サイトを併用しているんですが、
その中でも特に熱いと言えるのがブライダルネットなんです。

ペアーズやOmiainの場合は、気に入った女性に「いいね」をしてきますが、
ブライダルネットの場合は、「挨拶」がそれに代わる機能となっています。

まずは、プロフィール検索、あるいは新規メンバーで絞って・・・



あとはひたすら、挨拶をしまくっていきます。

赤丸で囲まれた「挨拶」というボタンを押すだけです。

これ、1日に何人の挨拶ボタンが押せると思いますか?

6時~18時:15人まで
18時~6時:15人まで

はい、1日で言えば30人まで挨拶ができるんですね。

これぶっちゃけ、かなり数多いと思いますよ。

ペアーズだと登録時に30ポイントが付与され、

それとは別に1日に4人無料でいいねが押せます。
まあ、パソコンとスマホ両方からログインすると、
×2で8人いいねできる、それでも少なくはない。

でも、ブダイダルネットだと30人もの女性に
アプローチができるので熱いわけです。

最大で、一ヶ月だと30×30=900人にアプローチができる計算です。

私も、コツコツと毎日のように、挨拶をしまくっています。
そうすると、どうなるか?

挨拶しまくることによるメリット

こちらをご覧ください。



メッセージの嵐!!

鬼のように挨拶がきますし、
このようにメッセージやりとりができます。

最初は1人、2人だとしても、毎日挨拶を積み重ねてくことで、
挨拶成立となる女性が増えていくわけです。

そうすると、

挨拶を毎日する

日に日に挨拶成立数が増える

メッセージやり取りが増える

アポが増える

彼女ができる確率やゲット数が増える

という好循環に突入するわけです。

ブライダルネットは初心者にもおすすめ

ブライダルネットは、ネット婚活、ネットナンパ初心者にも
自信をもってオススメできるサイトのひとつです。

一日にアプローチできる数が多いというのもありますし、
ペアーズやOmiaiと比べると難易度が明らかに低いんです。

ペアーズで結果が出なかった、マッチングできなかった、
という人でもブライダルネットでも結果は出しやすいはずです。

ネットで活動をするなら、

・数を打てる
・片手間でできる

といった大きなメリットがあります。

そして私としては、ブライダルネットをやるのなら、ユーブライドとの併用をおすすめします。

あちらも敷居は低いです。

 

 

ナンパで番ゲや即がしやすい女の特徴とは?

こんな女性はナンパがうまくいきやすい

ナンパをするにあたって、初心者にありがちな不安。

その1つが、誰をナンパしたらいいか分からない。
ターゲット女性の選別ができなうという点にあると思います。

では、どんな女性をナンパすれば無視されにくいのか?番ゲしやすいのか?

なかなかナンパできず地蔵になってしまう人も、ぜひ参考にしてください。

ゆっくり歩いている女性が狙い目

ナンパする際に、まず注目して欲しいのが歩くスピードです。

急ぎ足で歩いている人、早足で歩いている人よりは、ゆっくり歩いていたり、
目的意識なく歩いている感じの人がいたらチャンスだと思ってください。

歩くスピードにも心理は表れるものです。

急ぎ足であればどこかに向かって急いでいたり、
電車に乗ろうとしているかもしれません。

歩くのが速い女性に声をかけても、
私のこれまでの経験上あまりうまくいきませんでした。

イヤホン聴きながら早歩きで歩いていたら、
突然イケメンにナンパされてピタッと足を止めた。

そんな光景を観たこともかつてありますが、
それは非常に珍しいケースなんです。

しかも、相手がイケメンだったからということがほとんどです。

足の太い女性

これは、経験談から間違いないと言えます。

一般的に、脚が太い女性よりは細い女性の方が人気があります。

それに、普段から節制していたりヨガに通ったりして、
自己意識が高かったり美意識が高かったりする人が多い。

脚が太いだけでなく体型も太い人もいますが、
基本的にはだらしない女の方が番ゲもできるし、
即ゲットもしやすいと言って間違いがないです。

女子大生や10代

女子大生(就活生も)や10代の女性というのは特に、
ナンパにおいて狙い目であるのは間違いありません。

なぜなら、若い女性ほど免疫が少ないんですね。

私もこれまでに幅広い年代、職業の女性をナンパしてきましたが、
圧倒的に女子大生は反応がいいです。

また、就活生とかであればリクルートスーツで目立つので、
「あれだ!」とすぐに見つけてナンパすることができます。

逆に反応があまりよくない女性の特徴は?

これは先程も言った通り、早足で歩いている女性というのは、
急いでいることが多く話しかけても無視される。

あるいはあしらわれる可能性が高くなります。

他には、イヤホンをしている女性はどうなのか?

最近はiPhoneやiPodの普及で歩きながら音楽を
聴いている女性を見る機会が本当に増えましたが、
これは反応が悪いとは一概には言えません。

「なんだろう?」と気になってイヤホンを外してくれる女性もいるからです。

あと間違いなく言えるのは、若い女性ほど反応がいい、
これはナンパの鉄則なわけですが、逆に言うと、
20後半、30代、40代となるに従って免疫も付き、
反応が微妙になる女性も多いと言えます。

 

 

山手線一周8時間耐久ナンパで19歳専門学生を即!

8時間耐久ナンパとは?

どうも、スパイダー藤森です。

先日の事にはなりますが、念願の8時間耐久ナンパを完走してきました。

8時間耐久ナンパって何やねん?ってあなたは思われたことでしょう。

こちらをご覧ください。

山手線

このような山手線の沿線駅で降りてひたすら8時間ナンパしまくるという、ハードなナンパのことを言います。

まあ、私が勝手に考えただけですが(笑)

では、先日さっそく実践してきたので、その時のことを書きたいと思います。

スタートは新宿駅

JR新宿駅からスタート。

一応あとでトークの復習もできるように、ICレコーダーを胸ポケットにセットして準備は万端。

開始は午後3時過ぎくらい。

この日は祝日の月曜日ともあり、かなり人がごった返している状況。

まずはJR新宿駅の東口改札と中央東口改札の間で待機し、通り過ぎる女の子を物色。

新宿でナンパというと歌舞伎町をイメージする人が多いと思うんですが、私の場合はこのJR改札前といいのが相性よくて、以前ここでナンパした20代後半の女を準即した経験もあります。

「やってやるぞ」という気合のもとさっそく何人か声かけ。

しかし・・・。

比較的無視はされないものの会話が続かず、しかも人が多すぎてやりにくさを感じたので地上へ移動。

休日は歩行者天国になっている新宿三丁目方面へと向かいました。

いかに8時間耐久ナンパという名目とはいえ、とんでもないブサイクには声かけたくな~とか思いながらやっていると、なかなかペースは上がりません。

20代前半女性を中心にナンパしていきますが、どうも反応がよくない。

「俺の場合いつも夜が調子よくて、番ゲの大半は夜やからな~」と自分に言い聞かせつつ。

そのままやっていても埒が明かないのと色んな駅を回らないといけないので、新宿駅を後にし、次の駅へ。

駅を移動するも、続くトンネル

次は高田馬場駅でもよかったのですが、降りたことのない目白駅で降りてみました。

すると、スカートを履いた20代前半っぽい清楚系の物件を発見。

これは美味しそう!そう直感した私。

後をついていくと、駅すぐそばのベンチに腰掛けた女。

電話をかけていたので、電話が終わってから声掛けする私。

藤森「こんにちは。何してるの?」
女性「あっ今、電話かけようとしてて」
藤森「えっ、どうしたの?電話?」
女性「はい、さっき化粧品買ったんですけど、そこの会社に」

なんかそんな感じで、要はお客様センターに、クレームというかなんか確認に電話をしようとしてたみたいですが、つながらなかった様子でした。

その場で住んでるところの話とか年齡とか2分くらい話したんですが、あいにく番ゲならず。

しゃあなし、他の女を探してナンパするか~と少し歩いてみたんですが・・・

いかんせんこの駅、人が少ない!!(笑)

そう、目白駅はナンパに全然向いていないな~ということを実感しました。

結局、目白駅では1声かけで終了し、池袋駅へ。

池袋というと、個人的には過去2ゲットした思い出があり、比較的セックスしやすい街でありアンパで番ゲもしやすいと思っています。

サンシャインシティやLUMINEがあることもあり、とにかく若い女が多い。

さっそく1声かけしたんですがダメ。

さて、ドンドンいかないとという気持ちにはなったんですが、なぜかここで猛烈な睡魔、でも吐き気、でもなく食欲が湧いてきたんです。

これはやばいということで、うどん屋へと駆け込む私(笑)

きつねうどんを注文。

いや、メニューはどうでもよかったですね(笑)

戦線復帰しましたがどうも波に乗れず、結局池袋も移動することに。

そのまま、西日暮里を経由して上野へ。

もうその頃には30声かけくらいして0番ゲで、時間帯も19時くらいだったと思うんですが、ここから何とか巻き返しを図ることができました。

上野駅にて番ゲ量産体制に

時刻は19時過ぎていたかと思うんですが、上野駅でナンパを開始。

ここでやったことはこれまでなかったんですが、駅のすぐ近くにマルイがあるんですね。

そしてその横にはアメ横へと続くメインストリートがある。

「ここはやりやすそう」と感じたので、マルイの入口前に陣取るというか待機して、女性を待つという作戦に出ました。

すると、結構ターゲットとなる20代女性が多く通るのでナンパがしやすく、マルイから出て横断歩道の信号のところで立ち止まる女も多いので、どれに行こうか物色しながらできるような状態でした。

ここでガンガン声をかけ、結局20代のそこそこ可愛いOLっぽい子と、高校生wから番ゲに成功。

あと1人くらい連絡先をゲットした気がするんですが、忘れました(笑)

これまで東京にて色んな場所でナンパをやったんですが、結局のところ落ち着くのは新宿、渋谷、池袋といった具合でした。

それが、上野も熱いということに気付いたのはひとつの収穫でしたね。

人も新宿とかと比べると多くないし、流れも落ち着いているので狙いやすい。

あと居酒屋のキャッチはいても、風俗とかキャバクラのキャッチとかそういうやばそうなのはいなかったです。

やはり、夜になると番ゲ率は上がるな~と実感しつつ、ずっとここに留まっていたいくらいでしたが、山手線一周という名目があるので移動をすることに。

そして、秋葉原駅にて・・・。



仮面女登場。

この女なんですが、秋葉原駅に降りて改札を目指して歩いていると、切符売る場で鞄をゴソゴソしてもたついている女がいたんですね。

リクルートスーツ着てたんで、就活生かなと思って声かけ。

なんか、話してみるとめちゃくちゃ反応がいいw

ここはチャンスと思って会話続けていると、「ここじゃあれなんでどっか入って話しましょうよ」というノリやったんで、カラオケ店へ入店。

なんか途中で、よくナンパされるとかついていったとか、大体の人はすぐホテルに誘うとかの話を聞かされて、あ~これは完全に即系やな~と。

あなたもそうかな?的な感じできたんで、一旦否定しカラオケへIN。

で、女が途中で買った進撃の巨人の仮面を被せて撮ったのがさっきの写真ですww

ミスチルのシーソーゲームを熱唱した後、トークへ。

結局、向こうは純愛希望的は発言もあったんですが、適当にスルーしてキス。

するとガンガン乗ってきて、「エッチしたくなってきた」という発言をゲット。

あ~これはチャンス!あとはシュートをするだけということで、店を出ました。

ホテルを探して歩いていたんですが、なかなか見当たらずネットで調べて地図アプリで誘導を受けながら歩いて行くと、ホテルより安い感じのレンタルルームを発見!

レンタルルームに入るのなんていつ以来か・・・

と思いながら、すぐにINしました。

で、約15分後くらいにはチンコもINww

19歳くらいやったと思うんですが、さすがに肌もすべすで、脚もまあまあ細い感じで堪能できました。

結局1時間くらいですぐにレンタルルームも出て解散。

もう、足がガクガクでナンパする気力もなかったんですが、
8時間耐久でやらねばってことで秋葉原駅を出て品川や渋谷に移動しナンパ。

道中で2番ゲくらいしたでしょうか。

どっちもホームナンパでしたね。

今回、突発イベント的なノリで8時間耐久ナンパを実施しましたが、
これからまた機会があればやってみようかなと思います。

ナンパ経験が浅い人も、
まずはナンパ慣れする意味でオススメです。

ナンパはお金がなくてもできる唯一無二の出会い

ナンパのメリットの一つとして、

お金がなくてもできることが挙げられます。

普通、出会いにはお金がかかるんです。

●合コン・・・3,000円~5,000円前後
●お見合いパーティー・・・4,000円~5,000円前後
●異業種交流パーティー・・・5,000円前後

こんな具合に。

大体、2回~多くて3回行けば、1万円がなくなるイメージですね。

月に数回レベルであれば余程お金がない場合を除いては行けると思いますが、

5回、6回となると厳しい人も出てくると思います。

特に、学生やフリーター、派遣の仕事をしてる人など。

でも、ナンパであればこういったお金は不要です。

街中で女性に声を掛けること自体、無料だからです。

ほとんどの人はお金をかけて出会おうとするので、

出会いの数×お金となって費用は膨らんでいきます。

でも、ナンパの場合はそれがない。

もちろん、連れ出してご飯を奢ったりだとか、

アポの時に居酒屋に行ったりすればお金はかかります。

でも、出会いそれ自体にお金はかからないんですね。

例えば、街コンに参加したら6,000円くらいのお金がかかります。

街コンの出待ちナンパだったら費用は電車賃くらい。


ナンパの方が効率が悪いんじゃないの?って思う人もいるかも知れません。

確かに、ナンパに無視はつきものですし、

皆が皆連絡先を教えてくれるわけではありません。

でも、ナンパ特有のメリットがあります。

それは、その場にライバルがいないことです。

これが合コンや異業種交流パーティーのような婚活パーティーだったら、

ライバルがその場にうじゃうじゃといるわけです。

そうすると、あなたが連絡先を聞いたとしても、

連絡先をゲットしているのはあなただけではありません。

他の男も同様にその女性から連絡先をゲットしてるのです。

このことから、ナンパはお金がなくてもできます。

ただ、ナンパ塾に入りたいと考えている人も中に入るでしょう。

例えば、ハーバードナンパスクールとか。

ああいった塾に入る場合は、お金が必要です。

借金してまで入れとは言いませんが、

最終手段としてはそれもありだと思います。

ただし、返済目途が確実に立っている場合だけです。

今すぐお金を借りたい場合は下記のサイトを参考にするといいでしょう。

http://catchuphit.com/50man.html

息を吸うようにナンパができる態勢を作ること

ナンパにはコツがあるのか?

強いて言えば、いつでも声が掛けられる態勢を作っておくのは

すごく大事なことなんじゃないかと思っています。

普通の人は、あの子いいなと思っても声が掛けられません。

でも、普段からナンパをしているナンパ師だと、ナンパモードで街へ出た時はもちろん、

そうじゃないタイミングでも自然と声を掛けられたりするんですね。

これってかなりのアドバンテージだと思います。

じゃあ、すべてのナンパ師が街中や店の中とかで

速攻ナンパができるかと言うと、そうじゃありません。

店の中だとなかなか勇気が湧かず、声を掛けるのに躊躇して5分くらい

掛かってしまったり、無駄に時間を要してしまうことは多いんです。

それを防ぐためにはどうすればいいかと言うと、

すぐに声を掛ける癖をつけておくことです。

「あの子いいな♪」と思ったらすぐにナンパするようにする。

具体的に、10秒以内とか20秒以内と決めておくといいです。


‟声を掛けないという選択肢はない”

と自分の中でマイルールを作っておくことです。

すると、まるで息をするようにナンパができるようになります。

挨拶をする時って、それが自然になってることってよくありますよね?

そんな感じでイメージをするといいでしょう。

髪型、服装をナンパ用にセットした状況と、

そうじゃない場合があると思います。

髪の毛はボサボサで、服装も決まっていない。


そんな状況でもすぐにナンパできる男こそ真のナンパ師、

スト師と言うことができるのではないでしょうか。

池袋ナンパで久々の大量バンゲ達成!

3週間くらい前のこと。

友達と合流した私は、池袋に向かって久々のストリートナンパを開始。

主に、いけふくろうと呼ばれるお地蔵さんがあるスポット前を中心にナンパ。

やってみて思ったのだが、池袋は本当に年齢層が若い。

渋谷や新宿と比べると明らかに若くて、
20代や10代後半の若者率が非常に高い。

これはつまり、ナンパ成功率や即成功率が高いことを意味する。

この日は酒を飲んできた後だったからか、
まったく躊躇をすることなくひたすら声掛け。

22時を過ぎていたのだが、土曜日ということもあってか声掛けの反応はすこぶるいい。

20歳前後の女を中心に5バンゲくらい。

そして、脚の太さ普通くらい、割とタイプかもと思った女が
てくてくと西武線の方へ歩いていく姿を発見。

これはナンパせねば!!

ということで駆け足で近づいて行って、
少し通り過ぎたところくらいで声掛け。

相手はびっくりしている様子だったが、意外にも食いつきは悪くない。

連れ出しを提案。

すると、悩んでいる様子。

これは押せばイケる!!

経験からそう踏んだ私は、連れ出すことにした。

だが、友人もいるのであまり長時間は無理。

即を狙うのもやめておいた方がいいか・・・

そう思いながら、どこに行こうかとブラブラ。

ロキシタンカフェが見えてきたので、そこに入ろうかと思っていたのだが、
どうやら閉店間際ということが分かり残念。

よさげの居酒屋も発見できず、これはとりあえずファーストフードでと思って
マクドナルドへと入店。

食いつきがあるのか不安ではあったものの、
女からは色々と質問があった。

質問があるかどうかは、食いつきがあるかどうかの
判断基準としては最適なのだ。

色々と話していると、どうやら女は19歳。

おっさんの私とは10歳以上離れている。

何例の話になって慌てて「いくつに見える?」と聞いてみたところ、
「25歳」との反応があったので、26歳という設定にw

女は現在、とある会社でアルバイトをしているとのこと。

宮崎あおい似のそのルックスに淡い気持ちも芽生えた。

だが、婚活対象として19歳はさすがに・・・

なんとなく雰囲気から即もいけるのでは!?もしかしてという中での
マクド連れ出しであったが、時間がだいぶ終電に近づいてきたのと、
友人のことが気になって、悪いなと思って解散をすることに。

この時点で、次回につながるかどうかは半信半疑であった。

だが、この19歳のバンゲが後日のゲットへとつながっていくのであった。

女好きというナンパ師は最強なのか?

スパイダー藤森です。

女好き―。

普通に聞く、「あ~、女が好きな男の人のことね」

と思うと思うんじゃないでしょうか。

でも、違います。

ここで言う女好きというのは、ナンパ界の帝王のことですね。

もう何年も前になりますが、この本。

この本の中で、ナンパ師の藤田サトシとか他数名の

ナンパ師と一緒にナンパ企画に出ていました。

また、この本。

 

『裏モノJAPAN』という有名なアンダーグラウンド雑誌。

この本の中で、一日で何人の女をゲットできるかという

ガチ企画で5即を決めているのだから凄い。

本人はガタイがよく、現在は30代中盤か後半くらい。

ホスト風の髪型をしています。

ちなみに、女好きのブログがこれ。

ブログを読んでみると分かるのが、彼の実力。

いやはや、私では到底追いつかないレベルですね(汗)

知り合いにこのブログの存在を教えると、

大抵2通りの反応に分かれます。

「こんな世界あったんだ、すごい」

「これってヤラセとかじゃないの?」

というもの。

まあ、ヤラセを疑ってもおかしくありませんが、

すべて事実なんですよねこれ。

ナンパなんて所詮、

社会性ゼロの行動だと思っています。

でも、美女とセックスしまくるのは凄いです。

凄腕クラスになると、1日に3即とかもやっちゃいますから。

そして彼の場合は、5即ですから。

女も男のルックスが気に入ると、

すぐにセックスOKという事実がそこにあります。

女好きの場合はナンパ塾も開講していて盛況している様子。

彼が最強なのか?と言うと、

決してそうは思いません。

実際に彼を見たことはありますが、175センチ~180センチくらいの

モデル系イケメンでもっとカッコいい人はいるでしょう。

陰で、ブログ等は書いていなくてすごい実力者もいるでしょう。

すごい世界がある

という事実だけでも気付いてもらえたんじゃないでしょうか。

ナンパ研究会ってどうなの?

今や、知らない人の方が多いと思うんですが、

ナンパ研究会というのが昔はありました。

ナンパを研究する大学のサークル・・・

ではなく、ナンパサイトのことです。

で、今はどうなのってことなんですが、

どうやら閉鎖されたみたいですね、サイト自体が。

これは非常に残念ではあります。

言わば、老舗であり業界の先駆けとして活躍していた

店やブランドが、時代の煽りを受けて撤退した格好でしょうか?

一応、色々調べてみたところ、こんなサイトを発見。

●ナンパ研究会東北支部

●ナンパ研究会北陸支部

ただ、どちらも更新していないのが残念です。

おそらく昔は、ナンパしてる人って周りでも少なかったんで、

こういった総合サイトみたいなのが流行ったんだと思います。

でも最近では、色んなナンパ商材やナンパマニュアルが

世の中にはびこってるんで、こういったサイトの需要は、

残念ながら減ってきたんでしょう。

・・・と、歴史を感じたスパイダー藤森でしたwww